>

自慰の方法が間違っている男性

逆流しないように注意する

ずっと精子が逆流していると、気持ち悪い感覚に陥ると思います。
間違った自慰が原因なので、やめれば次第に元通りになります。
しかし症状が治るまでは、個人差があります、
すぐに改善したいと思っているなら、やはり薬を使うしかありません。
その場合も病気や事故に遭った時と同じように、アモキサンを医師から処方してもらいましょう。

すると比較的、早く症状が治ると言われています。
アモキサンを服用してせっかく精子が体外に出ようとしているのに、そこでガマンすると再び逆流してしまいます。
治療の意味がないので、無理に射精を我慢しないでください。
自然に任せて射精していれば、逆流しなくなります。
アモキサンを使用しなくても、精子を通常通り出せるでしょう。

自慰のやり方をチェックしよう

これまでは何となく、自己流の方法で自慰をしていた男性が多かったと思います。
ですが間違った方法になっている可能性があるので、1度チェックしてください。
早く間違っていることに気がついて改善すれば、精子の出が悪くなっていてもすぐ元通りになります。
最も大きな原因は、自慰をしている時にガマンすることです。
精子が出そうなのに、寸止めすることで精子が奥に行ってしまいます。

すると体外に出る精子の量が、ほんの少しになります。
そのような自慰を続けていた男性は、今すぐやめてください。
快感を得ることができるかもしれませんが、ガマンは身体に悪影響を与えます。
自慰をして精子が体外に出そうになったら、ガマンしないで出すのが正しい方法です。


この記事をシェアする