>

何が原因なのか突き止める

病気になっている人は注意しよう

交感神経がマヒしていると、精子の出が悪くなると言われています。
骨盤の手術を受けたことがある男性は、それがきっかけで交感神経がマヒすることがあります。
また現在糖尿病にかかっている人は、交感神経がマヒするという症状が出やすいので気をつけてください。
糖尿病になっている時は、そちらの治療もしなければいけないので少し大変です。

薬を飲めば交感神経を正常に戻すことができますが、糖尿病の治療の妨げになったら困ります。
医師に相談すれば、どちらの病気も同時進行で治療できる薬を処方してくれるはずです。
恥ずかしがらないで、すぐ相談しに行きましょう。
精子の出が悪い状態が続くと、次第に量が減って全く出なくなってしまいます。

事故の影響を受ける場合

事故に遭った衝撃で、交感神経が損傷する恐れがあります。
精子の出が悪くなっても、健康被害が出ることはありません。
ですが性行為を楽しめなくなったり、子孫を残すことができなくなったりします。
それは困るので、回復させる努力をしましょう。
バイブレーターや電気で、刺激を与えることで次第に交感神経を正常に戻すことができます。
また、前立腺マッサージという方法もあるので試してください。

病院へ行くと、アモキサンと呼ばれる薬を処方されることがあります。
アモキサンは精子を出しやすくする効果を持っているので、症状の改善に効果的です。医師に聞くと、マッサージの方法や刺激を与えるのに良い道具を教えてくれます。
積極的に聞いてください。


この記事をシェアする